妊娠中に起きるカラダの変化/胃の痛み

妊娠中に起きるカラダの変化/胃の痛み

今回のテーマは妊娠中に起きるカラダの変化「胃の痛み」これは吐き気・嘔吐に通じるお腹の異変。痛みだけではなく、胃がむかむかする・胃が膨れている感じがするなどの症状がカラダに現れる事がありますよね。

 

しかし、妊娠中に“胃が痛い”と訴えると“赤ちゃんが大きくなっているのだから仕方がない”決まってこう言われます。

 

確かにそうなのです。しかし、痛いものは痛い。赤ちゃんのためなので、もちろんガマンもするけれど、すこしでも楽になる方法があるのならば誰か教えて!!これもホンネですよね。

 

という事で、今回は妊娠中に起きる胃の痛みの原因と対処方法などについてご紹介します。

 

妊娠中のカラダの変化/胃の痛み

妊娠中、カラダの至るところで変化が生まれています。大げさにいえば、毎日どこかが変わっている。そんな感じなのでしょうか?そんなめまぐるしい変化の中で、今日は胃の痛みについてです。

 

妊娠中のカラダの変化/胃の痛みとは

妊娠中、胃の痛みに悩まされる事がありますよね。実はこの胃の痛みもつわりの症状の一つなのです。

 

一般的につわりと聞くと、吐き気やおう吐を想像しますが、本来は、妊娠に伴なう体調の変化や悪化のすべてをさして“つわり”と呼んでいるのです。

 

通常、つわりは妊娠約2か月ごろから始まります。そのつわりには、吐き気・頭痛・貧血など、数ある症状の一つに「胃の痛み」が含まれている場合があるのです。

 

通常ならは妊娠4か月あたりになると、このつわり=胃の痛みが落ち着くことが多いのですが、これにも個人差があり、妊娠全期にわたってつわりの症状に悩まされるという人もおられます。

 

妊娠中のカラダの変化/胃の痛みの原因

(プロゲステロン)
妊娠にともない分泌されるという黄体ホルモンの関係がささやかれています。妊娠が判明し、つわりが始まる妊娠初期になると、このプロゲステロンホルモンが多量に分泌されます。

 

このプロゲステロンが、赤ちゃんにとって過ごしやすいように、ママの体内環境を整えてくれるのです。その中には、「子宮の筋肉を柔らかくして広げる」という役割があります。これによって、子宮の筋肉だけが広がるなら問題ないのですが、同時に胃の筋肉まで緩めてしまい、結果胃酸の逆流が起こりやすい状態になってしまうのです。

 

これが、胸やけ・吐き気・むかむかするといった不快感に?がっているのです。

 

そして、もともと胃腸が弱い方の場合、このプロゲステロンの作用によって、胃の調子の悪化・胃の痛みなど、更に状況が悪化する場合があるのです。

 

(自律神経の乱れ)
また、妊娠中のプレママにとって、環境や体調の変化が大きなストレスとなっている場合があり、このストレスが原因で自律神経に乱れが生じる事があるのです。これも胃の痛みの原因となっているのです。

 

妊娠中のカラダの変化/胃の痛みへの対処法

むかむか・痛みなど、その症状には個人差がありますが、赤ちゃんにたいして直接的な影響はありません。これだけでも安心できますよね。

 

心配なのはママのカラダ。胃の痛みや吐き気が強ければ、心身共に疲れてしまうのも理解できます。少しでも楽に生活できるように、対処方法についてご紹介します。

 

(妊娠中に服用できる胃薬)
実は、妊娠中にも服用できる胃薬があります。この薬を飲んでも、お腹の赤ちゃんへの影響はないとされていますので、医師に相談して処方してもらいましょう。

 

(食べ物で工夫)
妊娠中、周囲の人の中には“無理してでも食べなさい”なんて、言う人もいますよね。確かに、お腹の赤ちゃんの事を思えば、その意見も間違っていません。しかし、妊娠初期ならば、赤ちゃんはまだまだとても小さく、そこまで多量の栄養成分は必要ありません。

 

少しずつ、食べられるものを食べられるだけ頂きましょう。ただし、水分だけは積極的に摂取するように心がけましょう。

 

また、葉酸など、必要不可欠な栄養成分の摂取に関しては、サプリメントで摂取するなどの方法で対処してみましょう。

 

妊娠中の胃の痛みや不快感/プレママ達の体験談と対処方法

(妊娠だった!!)
普段から、胃腸の調子が悪く、妊娠も諦めていたので普通の生活を続けていました。いつもの胃炎かと思いつつも、念のため検査薬で判定してみたところ、なんと妊娠。大喜びしました。同時に、普段胃腸の悪い人にとっては、妊娠の胃の痛みと、普段の胃炎の見極めが難しいかもしれないと感じました。

 

(薬で対処)
妊娠初期からの胃痛に悩み、医師に相談して薬を服用。とても楽になりました。

 

(食事がとれない)
胃が痛いから食事がとれない。取らないからもっと痛くなる。この繰り返しでした。妊娠中期になり、胃の痛みが楽になったので救われました。

 

まとめ

妊娠中の胃の痛みは、食事がとれないほどの状態になる事もあるのですね。赤ちゃんには影響がないというのは救いのコトバ。でも、ママにはストレスですね。多くの場合妊娠中期には改善するみたいですので、それまでの辛抱です。プレママ達、頑張ってくださいね。

 

提携サイト様
【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え